To learn the Zen thinking business opportunity
Zen and Zen on bridge management in 21st century

"Central Breakthrough"


『中央突破』 英国の首相を務めたチャーチル(1874~1965)の格言に、 「危険が身に迫った時、逃げ出すようでは駄目だ。かえって危険が2倍になる。しかし決然と立ち向かえれば、危険が半減する。何事に出会っても決して逃げ出すな。決して。」 とあります。 私も、経営の多くの問題を相談された時、社長さんに中央突破を決断してもらうことがあります。 意外と問題が解決されるものです。 何事も逃げたら負けです。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

"Image"


『イメージ』 病気や、運が悪くても逆境を乗り越えていこうとする力強い態度であれば、必ず事態は良い方に向かいます。 念願が叶うか叶わないかは、すべて自分の心の思いよう・考え方です。 常に同じことを絶え間なく、はっきりしたイメージを描くことで、それは必ず実現されます。 我々の強固な信念は、念願達成の原動力になります。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

"Variable Costs"


『変動費』 これからは、すべての固定費を変動費として見直すことが大切です。 「一般管理費・販売費」の項目で、「固定費」「変動費」と2つに分けています。 しかし、固定費と変動費とを分けるだけの発想だけではいけません。 これからは全てを「管理統制可能費」として捉え、人件費や地代・家賃も、もはや固定費ではなく変動費的考え方で、今まで10人でやっていた仕事を7人でする努力をすることです。 地代家賃も、負担になるようなら場所を変えればよいのです。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

"Customer Creation"


『顧客創造』 経営のポイントは、顧客創造と顧客満足です。 顧客創造ができなければ、これからのビジネスでは通用しません。 顧客創造をあまり難しく考える必要はありません。 毎日の創意工夫から生まれます。 営業では「お客様の問題を解決すること」です。 商品開発ではもっと小さくする、もっと性能を上げる。 別の例では、焼酎のように、健康に良いという価値を変えることで新たな顧客創造ができます。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

『勝ち組企業』


『勝ち組企業』 勝ち組企業の条件を三つ挙げます。 1)価格決定権が自社にあるか  2)固定客の囲い込みができているか  3)自社に誇りがもてるか  です。 このような会社は独自性があり、会社が一体化されています。 他社と同じことをしては、勝ち組企業にはなれません。 差別化できない部門・商品はやめ、自社の優位特性の発揮できる部門をさらに伸ばすことです。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

『管理利益』


『管理利益』 私は、報告・確認・再確認の徹底を提案しています。 社内の連携の悪さから生まれる仕事のロスは、思いもよらないほど会社の利益を損失させています。 年商10億円の会社では、1億円程度のロスが、報告・確認・再確認の徹底がなされていないために発生します。 本社と支店の間、お客様や協力業者との間、あるいは社内の部門間における連携のまずさから生まれる損失です。 報告・確認・再確認を徹底する企業文化を構築しましょう。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

『管理者心得』


『管理者心得』 自分が統括する部署が目標を達成するには、部下に持てる力を最大限に発揮してもらわなければなりません。 そのためにも社員の優位特性を明確にし、働きやすい環境を整えることです。 同様に部下のそれぞれの課題を明確にし、育成や組織内での円滑なコミュニケーションに配慮しなければなりません。 管理者に求められるのは、勝つ組織づくりです。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

『将来の利益』


『将来の利益』 自分の行動が会社の利益につながっていないのであれば、それはニセモノの顧客満足です。 常に顧客サイドで行動することです。 つい目先の売上・利益を優先し、長期的に固定客づくりの努力をしていないことになります。 常に市場から借りをつくるのではなく、市場に貸しをつくることです。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

『市場価値』


『市場価値』 低迷する経済下、激変する環境の中で、今、会社で働く社員一人ひとりに「市場価値」が求められています。 市場価値を持たない社員には、職場が与えられない時代になりました。 経営とは、顧客創造と顧客満足の追求です。 貴方の本来の役割を明確にして、お役に立つことで市場価値が決まります。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

『総力戦体制』


『総力戦体制』 多くの会社で人員削減が行われている昨今、一人が担当する業務領域は次第に広がっています。 業務の効率化は全職場の課題です。 顧客満足を中心に、総ての部署が協力することです。 組織の垣根は必要です。 しかし、垣根を低く常に総力戦ができるようにすることです。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all