To learn the Zen thinking business opportunity
Zen and Zen on bridge management in 21st century

"Keeping with deadlines"


『納期を守る』 生産の三要素は、納期・品質・コストを創ることです。 納期について話しますと、上流を管理すれば納期は守れます。 “川上”が遅れれば、どうしても“川下”も遅れます。 外注先の進行管理をしっかりと行うことで、自分の会社の納期も守れます。 ほとんどの営業マンは自分のことだけで精一杯ですが、川上の情報を常に明確にし、納期を守れるようにしましょう。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

"Purchasing"


『仕入』 原価を抑えることで、確実に利益が上がります。 仕入原価を抑えるためには、仕入れ担当者を変えることも必要です。 また、仕入先を変えることです。 担当者と仕入先を変えることで、新しい視点・観点・測点が生まれます。 「売上利益」よりも、会社の利益に直接的な影響を与えるのは「仕入利益」です。 仕入利益を10%合理化すれば、10%の利益増になる可能性もあります。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

『原価』


『原価』 市場価格が競争原理で決められてくる。 その中で利益を生みだすには、原価を下げるしかない。 各企業、材料など形のある物の原価を下げる努力は続けてきた。 しかしそれだけでは限界がある。 仕事の質を高めるという間接的な原価削減策に対しては、まだまだ努力する余地がある。 仕事の精度を上げることで目に見えないコストを下げることも課題です。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

"Delivery date"


『納期』 納期のない仕事はない。 納期には「契約の納期」と「心の納期」があります。 「心の納期」は「期待の納期」とも言います。 「契約の納期」は当然契約書を交わします。 しかし契約書を交わすのは仕事の10%以内です。 残りの90%以上は「心の納期」になります。 丸の内のオフィス街で12時から13時までの、喫茶店でのコーヒーの納期は5分以内です。 しかしアフター5では、7~9分です。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

"Cost"


『コスト』 「コスト意識を持とう」「ムダを削ろう」などといったスローガンを良く耳にする。 では最も身近なコストってなんだろうか。 それは自分自身のコストです。 社会保険料、交通費、電話代、備品代、制服代・・・。 会社はたくさんのお金(=コスト)を負担してくれているのです。 まず自らコスト意識を持って、会社に如何に貢献するかがポイントです。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

『間締め(まじめ)』


『間締め(まじめ)』 生産の言葉に間締めというものがある。 ベルトコンベヤーをはずして作業員と作業員の間隔を詰め、手渡しのできる距離にする。 これにより、移動のムダ・時間のムダ・電気代のムダがなくなる。 このことは、あらゆるビジネスの場面にも応用できる。 顧客と営業マン、生産と営業も、もっともっと間締めをしよう。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

『コストダウン』


『コストダウン』     徹底した コストダウンをしているのに、 さらに値引きの圧力がかかる。   「これ以上はムリ」と 思えることでも、 数年後を振り返れば クリアー出来ている ことも少なくない。   改善の三要素は 「やめる」 「へらす」 「(やり方を)変える」 です。   キーワードは 「もっと速くできないか・ もっと楽にできないか・ もっと安くできないか」 です。       Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

『不良率』


『不良率』     生産の現場では、 不良率を数字で現す。   不良品の割合を示す指標だが、 この数字を追い続けただけでは、 なんの解決にもならない。   それどころか、 不良が出るのは当たり前と いった発想にもなりかねない。   「経験的に このくらいは許容の範囲」 などと考えて、 それが当たり前になって しまうことが、最も危険である。       Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

『改善とは』


1.改善とは 「やり方を変える」 ことです。 2.改善とは 「小さく、少しずつ変える」 ことです。 3.改善とは 「出来る範疇でやる」 ことです。 「改善は難しい」と 思い込む必要はありません。 また、 改善イメージを 共有するには、 具体的な改善を 示すことが効果的です。 身近なところから 改善しましょう。 机の引き出しも、 中を形跡管理するだけで 生産性が向上します。 経営コンサルタント 飯塚保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

"Efficiency and effectiveness"


効率を上げるテクニックを 勉強している人が沢山います。 悪いことではありませんが、 より少ない時間でより効率を 上げることで本当に我々の 生活が良くなるのでしょうか。 「効率と効果」 「時間と人生」、 自分自身についてもっと深い 根本的なところを 思考しなければいけません。 手っ取り早く質の高い生活や 有意義な人生を送ることは、 到底ムリです。 働かないで 金持ちになるのと同じです。 ムリなものを追求しても 幸せにはなりません。 やはり、 成功の原理・原則に 沿った生き方の方が より早く効果的です。 経営コンサルタント 飯塚保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all
12