To learn the Zen thinking business opportunity
Zen and Zen on bridge management in 21st century

『管理者の任務』


『管理者の任務』 管理者の任務は、業績の向上・部下の育成・関連情報の収集です。 「忙しくて部下の育成どころではない」という管理者がいます。 しかしこれは、誤った認識です。 忙しいからこそ、部下を育てる必要があります。 部下を育成してもなかなか評価されにくい会社の考課システムにも問題があります。 多くの管理者は、部下に命令や指導は行っても、育成を軽んじる傾向があります。 部下育成は管理者の大事な任務です。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

See all

『慣れ』


『慣れ』 慣れは人生を安定させるが、変化がなければ成長できないというのも事実です。 慣れてくると人は思考しなくなり、挑戦しなくなります。 我々は絶えず習慣の殻を破って脱皮し、マンネリを打破していくことが求められるのです。 そうした新陳代謝が活発であってこそ、成長していきます。 人間は絶えず成長するものです。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

See all

『自己確認』


『自己確認』 貴方は、自己の持つ思想や信念・夢を、積極的に継続的に、ビジネスに生かしていますか。 自分の思いを堂々とマーケットにぶつけることで、ビジネスチャンスが生まれます。 今どこにいるかではなく、「あるべき姿」を明確にして、どこに向かって進んでいるかを、大事にしましよう。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

See all

『能力と給料』


『能力と給料』 1)能力>給料 2)能力=給料 3)能力<給料 の三種類あります。 貴方はどちらですか。 3)の人は、直ちに「いらない人」です。 「給料分だけ働けばいいんだ」としか考えない人は2)になります。 「いらない人」予備軍です。 これからは積極思考で、この分野で一番を目指す、社会の役に立つという高い目標をもつ1)になりましょう。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

See all

"Dominant characteristic"


『優位特性』 個人も企業も優位特性を持つことです。 強いものを更に強くすることです。 ありがたい・嬉しい・楽しい気持ちで、得意分野・好きなことをやりだすと、信じられないような才能が発揮されてきます。 ワクワクして情熱的に毎日を生きると、内に眠る才能が自然に目覚めてきます。 また、それを応援してくれる人が集まるようになります。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

See all

『人的資産価値』


『人的資産価値』 これからは自分の優位特性を伸ばすことです。 自分のスキルアップ(人的資産価値)をすることです。 企業でも個人でも、勝ち負けがはっきりする時代です。 スキルアップするには、自分自身の現状よりも、常に一段高いレベルの仕事をすることで、貴方の人的資産価値が高まります。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

See all

『興味を持つ』


『興味を持つ』 「どんな職業に就こうと成功に向かう第一歩は、その職業に興味を持つこと」です。 好きになったものにはどんどん興味がわき、時間を忘れて取り組むものです。 ビジネスでも全く同じことが言えます。 この仕事が世の中にもっと役立つにはどうすればよいか… 顧客満足・顧客創造は、どうすればよいか… 興味を持つことで、心がわくわくしてきます。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

See all

『成り切る』


『成り切る』 20代は、仕事の原理・原則・基本を学ぶ時です。 30代には、寝食を忘れて仕事をしましょう。 40代には、自分の音を出しながら仕事をしましょう。 50代には、また基本に戻ることです。 「この仕事は自分の性格に合っていない」と20代の人がよく語る不満です。 10年は継続しなればわかりません。 大切なことは、適性ではなく「適応」していく力です。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

See all

"Habit"


『習慣』 成果をあげる人とあげない人の差は才能ではない。 それは、良い習慣を身につけているか、いないかの差です。 例えば成功の原則は 1)物事を前向きに捉える 2)感謝の心を忘れない 3)愚痴をこぼさない 4)早起きをする 5)大きな声、笑顔 です。 習慣を変えるには、はじめは意識して行動しますが、やがてそれが習慣になり実践できます。 習慣は第二の天性です。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

See all

『強みを発揮する』


『強みを発揮する』 自社の強味・自分の強味を発揮しよう。 初めは「強味」が何であるか気がつかない場合がある。 しかし必ず「強味」はあります。 今は小さなものであるかもしれないが、それを育てることで武器になります。 成果をあげるには、得意な分野・強味を発揮することです。 それを繰り返すことで、さらに「強味」が「無二の強味」になります。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

See all