To learn the Zen thinking business opportunity
Zen and Zen on bridge management in 21st century

2020Years

『管理利益』


『管理利益』 私は、報告・確認・再確認の徹底を提案しています。 社内の連携の悪さから生まれる仕事のロスは、思いもよらないほど会社の利益を損失させています。 年商10億円の会社では、1億円程度のロスが、報告・確認・再確認の徹底がなされていないために発生します。 本社と支店の間、お客様や協力業者との間、あるいは社内の部門間における連携のまずさから生まれる損失です。 報告・確認・再確認を徹底する企業文化を構築しましょう。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

『管理者心得』


『管理者心得』 自分が統括する部署が目標を達成するには、部下に持てる力を最大限に発揮してもらわなければなりません。 そのためにも社員の優位特性を明確にし、働きやすい環境を整えることです。 同様に部下のそれぞれの課題を明確にし、育成や組織内での円滑なコミュニケーションに配慮しなければなりません。 管理者に求められるのは、勝つ組織づくりです。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

『将来の利益』


『将来の利益』 自分の行動が会社の利益につながっていないのであれば、それはニセモノの顧客満足です。 常に顧客サイドで行動することです。 つい目先の売上・利益を優先し、長期的に固定客づくりの努力をしていないことになります。 常に市場から借りをつくるのではなく、市場に貸しをつくることです。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

『市場価値』


『市場価値』 低迷する経済下、激変する環境の中で、今、会社で働く社員一人ひとりに「市場価値」が求められています。 市場価値を持たない社員には、職場が与えられない時代になりました。 経営とは、顧客創造と顧客満足の追求です。 貴方の本来の役割を明確にして、お役に立つことで市場価値が決まります。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

『慣れ』


『慣れ』 慣れは人生を安定させるが、変化がなければ成長できないというのも事実です。 慣れてくると人は思考しなくなり、挑戦しなくなります。 我々は絶えず習慣の殻を破って脱皮し、マンネリを打破していくことが求められるのです。 そうした新陳代謝が活発であってこそ、成長していきます。 人間は絶えず成長するものです。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

『総力戦体制』


『総力戦体制』 多くの会社で人員削減が行われている昨今、一人が担当する業務領域は次第に広がっています。 業務の効率化は全職場の課題です。 顧客満足を中心に、総ての部署が協力することです。 組織の垣根は必要です。 しかし、垣根を低く常に総力戦ができるようにすることです。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

『10時までに』


『10時までに』 早起きして直ぐ仕事に取り掛かり、午前10時までにその日の仕事の7割まで達成することです。 残業をなるべくしないで、早朝から仕事をする習慣を身につけましょう。 夜型より朝型の方が仕事の能率は4倍になります。 毎日のスタートダッシュで、午前10時までが勝負です。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

『自己確認』


『自己確認』 貴方は、自己の持つ思想や信念・夢を、積極的に継続的に、ビジネスに生かしていますか。 自分の思いを堂々とマーケットにぶつけることで、ビジネスチャンスが生まれます。 今どこにいるかではなく、「あるべき姿」を明確にして、どこに向かって進んでいるかを、大事にしましよう。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

『能力と給料』


『能力と給料』 1)能力>給料 2)能力=給料 3)能力<給料 の三種類あります。 貴方はどちらですか。 3)の人は、直ちに「いらない人」です。 「給料分だけ働けばいいんだ」としか考えない人は2)になります。 「いらない人」予備軍です。 これからは積極思考で、この分野で一番を目指す、社会の役に立つという高い目標をもつ1)になりましょう。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

"Dominant characteristic"


『優位特性』 個人も企業も優位特性を持つことです。 強いものを更に強くすることです。 ありがたい・嬉しい・楽しい気持ちで、得意分野・好きなことをやりだすと、信じられないような才能が発揮されてきます。 ワクワクして情熱的に毎日を生きると、内に眠る才能が自然に目覚めてきます。 また、それを応援してくれる人が集まるようになります。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all