To learn the Zen thinking business opportunity
Zen and Zen on bridge management in 21st century

2020Years

"Catalytic ability"


『触媒能力』 管理職は触媒能力がなければならない。 触媒能力とは、経営理念や会社方針を、組織全体に、同じ価値観を共有させる能力です。 トップの思いをすぐに行動に移せる指示に変える能力です。 達成すべき目標があれば、その目標を達成するためには、組織を構成する者が全員、同じ方向を向いていなければなりません。 すべての社員が同じ価値観を持って仕事ができるように配慮することも、管理者の触媒能力です。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show All

"Activation"


『活性化』 組織を活性化させるためには、全員が参画した組織を創ることである。 では部下に参画意識を持たせるために何をすればいいのか。 それは「情報の共有化」をすることだ。 上司だけが情報を独り占めしていては、いつまでたっても部下は参画意識を持てない。 つまり部署内の活性化は、単にムードが良い悪いといった気持ちや感情だけの問題だけでなく、確実に業績に影響する。 行動科学には「活性化された集団は、かなり高い確率で業績に連動性がある」という仮説がある。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show All

"Central Breakthrough"


『中央突破』 英国の首相を務めたチャーチル(1874~1965)の格言に、 「危険が身に迫った時、逃げ出すようでは駄目だ。かえって危険が2倍になる。しかし決然と立ち向かえれば、危険が半減する。何事に出会っても決して逃げ出すな。決して。」 とあります。 私も、経営の多くの問題を相談された時、社長さんに中央突破を決断してもらうことがあります。 意外と問題が解決されるものです。 何事も逃げたら負けです。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show All

"Image"


『イメージ』 病気や、運が悪くても逆境を乗り越えていこうとする力強い態度であれば、必ず事態は良い方に向かいます。 念願が叶うか叶わないかは、すべて自分の心の思いよう・考え方です。 常に同じことを絶え間なく、はっきりしたイメージを描くことで、それは必ず実現されます。 我々の強固な信念は、念願達成の原動力になります。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show All

"Variable Costs"


『変動費』 これからは、すべての固定費を変動費として見直すことが大切です。 「一般管理費・販売費」の項目で、「固定費」「変動費」と2つに分けています。 しかし、固定費と変動費とを分けるだけの発想だけではいけません。 これからは全てを「管理統制可能費」として捉え、人件費や地代・家賃も、もはや固定費ではなく変動費的考え方で、今まで10人でやっていた仕事を7人でする努力をすることです。 地代家賃も、負担になるようなら場所を変えればよいのです。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show All

"Customer Creation"


『顧客創造』 経営のポイントは、顧客創造と顧客満足です。 顧客創造ができなければ、これからのビジネスでは通用しません。 顧客創造をあまり難しく考える必要はありません。 毎日の創意工夫から生まれます。 営業では「お客様の問題を解決すること」です。 商品開発ではもっと小さくする、もっと性能を上げる。 別の例では、焼酎のように、健康に良いという価値を変えることで新たな顧客創造ができます。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show All

"Keeping with deadlines"


『納期を守る』 生産の三要素は、納期・品質・コストを創ることです。 納期について話しますと、上流を管理すれば納期は守れます。 “川上”が遅れれば、どうしても“川下”も遅れます。 外注先の進行管理をしっかりと行うことで、自分の会社の納期も守れます。 ほとんどの営業マンは自分のことだけで精一杯ですが、川上の情報を常に明確にし、納期を守れるようにしましょう。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show All

『管理者の任務』


『管理者の任務』 管理者の任務は、業績の向上・部下の育成・関連情報の収集です。 「忙しくて部下の育成どころではない」という管理者がいます。 しかしこれは、誤った認識です。 忙しいからこそ、部下を育てる必要があります。 部下を育成してもなかなか評価されにくい会社の考課システムにも問題があります。 多くの管理者は、部下に命令や指導は行っても、育成を軽んじる傾向があります。 部下育成は管理者の大事な任務です。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show All

『クレーム処理の改善』


『クレーム処理の改善』 クレーム処理がスムーズになると、売上の1割程度の利益になります。 クレームが全くないという会社はありません。 企業活動している以上、クレームは発生します。 殆どの会社でクレーム処理に膨大な時間と労力を費やしています。 どこの会社でもクレーム処理はしますが、大切なのはクレーム対策です。 クレームの原因・真因を追究し、改善することです。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show All

『勝ち組企業』


『勝ち組企業』 勝ち組企業の条件を三つ挙げます。 1)価格決定権が自社にあるか  2)固定客の囲い込みができているか  3)自社に誇りがもてるか  です。 このような会社は独自性があり、会社が一体化されています。 他社と同じことをしては、勝ち組企業にはなれません。 差別化できない部門・商品はやめ、自社の優位特性の発揮できる部門をさらに伸ばすことです。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show All