To learn the Zen thinking business opportunity
Zen and Zen on bridge management in 21st century

2020September.

『勝ち組企業』


『勝ち組企業』 勝ち組企業の条件を三つ挙げます。 1)価格決定権が自社にあるか  2)固定客の囲い込みができているか  3)自社に誇りがもてるか  です。 このような会社は独自性があり、会社が一体化されています。 他社と同じことをしては、勝ち組企業にはなれません。 差別化できない部門・商品はやめ、自社の優位特性の発揮できる部門をさらに伸ばすことです。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

『管理利益』


『管理利益』 私は、報告・確認・再確認の徹底を提案しています。 社内の連携の悪さから生まれる仕事のロスは、思いもよらないほど会社の利益を損失させています。 年商10億円の会社では、1億円程度のロスが、報告・確認・再確認の徹底がなされていないために発生します。 本社と支店の間、お客様や協力業者との間、あるいは社内の部門間における連携のまずさから生まれる損失です。 報告・確認・再確認を徹底する企業文化を構築しましょう。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

『管理者心得』


『管理者心得』 自分が統括する部署が目標を達成するには、部下に持てる力を最大限に発揮してもらわなければなりません。 そのためにも社員の優位特性を明確にし、働きやすい環境を整えることです。 同様に部下のそれぞれの課題を明確にし、育成や組織内での円滑なコミュニケーションに配慮しなければなりません。 管理者に求められるのは、勝つ組織づくりです。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

『将来の利益』


『将来の利益』 自分の行動が会社の利益につながっていないのであれば、それはニセモノの顧客満足です。 常に顧客サイドで行動することです。 つい目先の売上・利益を優先し、長期的に固定客づくりの努力をしていないことになります。 常に市場から借りをつくるのではなく、市場に貸しをつくることです。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all
12