To learn the Zen thinking business opportunity
Zen and Zen on bridge management in 21st century

2020年May

『部下を育てる』


『部下を育てる』 部門長には三つの役割があります。 一番目には自分のチームの仕事の業績を上げる、二番目には自分の携わっている仕事に関する関連情報を集める、三番目には部下を育成する、です。 以上の三つができたら、もう一つ大切なことは、新しい仕事を創り出すことです。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

『判断基準』


『判断基準』 あるべき姿を、すべての事柄に対して明確にしておくことです。 経営に対する哲学、当社の3年先のあるべき姿、組織・人事・給料・商品政策・マーケティング・財務戦略、等を明確にしておくと意思決定が容易になります。 自社の「夢」も明確にすると勇気がわいてきます。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

『矛盾』


『矛盾』 変化が激しい世の中です。 いつまでも一つの考えや方針にこだわっていては、生き残れません。 経営にはマネージメント対応とシステム対応があります。 マネージメント対応とは、如何に矛盾を克服するかです。 これからの経営は、論理思考だけでは通用しません。 勇気を持って行動しましょう。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

『責任』


『責任』 権限は委譲できるが責任は委譲できないといわれる。 上司に求められるのは結果責任。 そして部下が担うのは行動責任です。 指導先で「うちの会社は権限が委譲されない」と嘆く幹部がいる。 では権限とは何でしょうか。 「権限とは自由度であり、責任とは言い訳を言わないこと」です。 言い訳を言わなければ権限範囲が広がります。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

『結果を出す』


『結果を出す』 「結果を出すための最良の策」は、自分と正直に向き合うことです。 結果を出すためには、プロセスが昨日よりも改善されていなければいけません。 日々改善が「良い結果」へつながります。 毎日が真剣勝負です。 日々改善もなく、結果が出ないことを人のせいにするのではなく、自分のプロセスを改善することです。 毎日のプロセスの中に成功があるのです。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

『先行管理』


『先行管理』 これから先のためにいま何をしなければいけないか、また何をしてはいけないか。 人の上に立つ人は、「あるべき姿」を明確にし、「いま・ここ」を真剣に行動します。 また、準備のための準備が上手で、先行管理のための独自の習慣を持ち、愚直に実施しています。 「自分との約束」をつくり、着実に実行しています。 自分との約束を守れない人は、他人との約束も守れません。 体調管理など決めたことを守ることで、新たな自信とプロ意識が生まれます。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all
12