To learn the Zen thinking business opportunity
Zen and Zen on bridge management in 21st century

2020March 2008

『ノウハウ』


『ノウハウ』 ノウハウがあるとか、ないとかよく論じられますが、ノウハウとはどうすれば身に付くのでしょうか。 それは計画を持って行動することです。 個別体験をいくらしてもノウハウにはなりません。 何かを実践する時、ただ行動するのではなく、計画をきちんと立ててから行動することです。 計画的体験をすれば、ノウハウが蓄積されます。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

『いいものはすぐまねる』


『いいものはすぐまねる』 そっくりまねることから始める。 仕事のできる人は、他人のアイデアを借りたり、まねしたりするのが上手です。 まねる場合には、まず、まねる相手のアイデア、やり方をそっくりそのまま、まねることです。 自分なりの工夫やひとひねりなどは、考えない。 それが仕事のスピードアップのコツです。 たとえばメモの取り方一つでも、上手な人のまねをすることで、いい仕事ができるようになります。 スケジュール表の作り方がうまい人がいれば、そのスケジュールをそっくりそのまま借用することです。 学ぶことは「守・破・離」の精神です。 まず“守”、謙虚にまねることです。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

『窮する』


『窮する』 経営指導をしていて感ずることだが、よく「困った」と言うことを耳にします。 「売上が伸びなくて困った」「開発がなかなか進まなくて困った」「部下が育たなくて困った」など、色々と困ったと耳にします。 その度に、何か心に響かないものを感じていました。 それは評論家の解説のように感じました。 困るという字は、「口の中に木が入った」と書きます。 窮するとは「穴の中に自分自身が入って、上から弓矢で狙われている状態」です。 こちらの方が絶体絶命です。 人間は、絶体絶命にならないと本気にならないようです。 「窮すれば変ず。変じて通ずる。」なのでしょうか。 経営コンサルタント 飯塚保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

"Why 5 times"


『何故5回』 営業でも成績の良い人と悪い人がいます。 成績が良い人の場合、何故あの人は成績が良いのかを、5項目書くといいのです。 そうすることで原因・真因が解ります。 成績の悪い人にも何故5回を書き、原因・真因の反対が対策になります。 何故5回の思考方法を身につけると、物事の本質が分かるようになります。 我々の足元に素晴らしいものがあります。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

"There is only one choice"


『選ぶのは一つ』 なかなか決断できない人がいます。 レストランに行ってもなかなか注文が決められない。 今の自分の悩みも、意思決定も、レストランの注文も同じです。 決められることは多くの選択肢のなかから一つです。 自分のやりたいことを決めればいいのです。 いいことも、悪いことも、事実を集め、決めるのは一つです。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

Podcast Zen and Management 150


Podcast禅と経営をお送りいたします。 【キーワード】 重点管理をすること 強いものをより強くすることである      【一問禅答】 管理者兼デザイナーをしています。 仕事の単価が落ちていますが、仕事の量はほとんど変わりません。 何とかいままでの人員で対応していますが、残業代などで経費がアップして利益が減っています。 仕事を1つ断ってしまうと全部がなくなってしまう可能性もあり怖いです。 この先はジリ貧になっていくと思っています。 どうしたらいいですか。     二度とない人生だから今日も輝いていきましょう。 こちらからお聴きください。 ⇒ https://apple.co/2Qz7ESt Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

"Praise and lead to capacity development"


『ほめて能力開発につなげる』 アイデアを出したら、そのこと自体を評価し、ほめることです。 「何だ、こんなことくらい、なぜ今まで考えつかなかったんだ」と逆に叱っては、部下は今後アイデアを出そうとしなくなります。 むしろ、たとえ効果が期待できなくても、「いいところに目をつけた」とほめることです。 それによって、部下は自分が認められたと感じます。 そして、さらにアイデアを出してくるようになります。 そうした小さな達成感の積み重ねで、自立的な改善ができる部下に育ちます。 ほめる、認める、讃えるが部下の能力開発のポイントです。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

"How to put out energy"


『エネルギーの出し方』 エネルギーのあるところに「人とモノとカネ」が集まります。 ではどうすればエネルギーが出るかというと、身と心を鍛えることです。 身心一如ですから、どちらからということはありません。 1.腹八分目 2.歩くことを基本に運動をする。 3.いつも笑顔で過ごす。 4.目の前にある仕事に全力を尽くす。 5.常にプラス発想をする。 誰でもエネルギーが出てパワフルになります。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

"Progressive step"


『進一歩』 禅語に「百尺竿頭進一歩」という言葉があります。 私たちは自分で自分の限界を決めています。 「やり方を変えればできる」 「今はできないがこの能力が付けばできる」 「他の協力者がいればできる」 というように限界を決めないことです。 自分の可能性を自分で決めないことです。 目の前の、いまの仕事を真剣に取り組み「あと一歩」を踏み込みましょう。 人の成長には限界はありません。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

"Natural science"


『天の理』 日本人の良さは、人や自然を大事にし、争いや競争を避けてきたところです。 その表れとして茶道や華道を愛し、形の美意識、お心を重んじてきました。 しかし最近は自分だけ、お金だけ、今の快楽だけを追求している人が増えたようです。 21世紀は本物の時代です。 もう一度日本人の優位特性を発揮し、私生活にビジネスに生かしましょう。 それには、天の理に従った生き方をすればよいのです。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all