To learn the Zen thinking business opportunity
Zen and Zen on bridge management in 21st century

2018March 2008

'That person'


1. 現場・現物主義で 微妙な変化を把握できる人 2. 時間を大切にし、 早朝のスタートができる人 3. 人間好きで 感化・影響を与えられる人 です。 できる人とは 「当たり前のことを 当たり前に実行できる人 ・ 本質を見極め 行動できる人」です。 できる人の行動基準・ 認識基準を身に付け、 自分の習慣にすることです。     経営コンサルタント 飯塚保人   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

Discovery of the difference


「成功している人と自分」 「健康な人と自分」 「パワフルな人と自分」と 「どこが違うか」を 明確にすることです。 自分が モデリングしている人と 自分の行動パターンの 違いを明確にすることです。 特に身体の使い方・ 心の使い方の違いを 発見して自分を 変えることです。 つまり成功のレシピを 自分のものにすることです。     経営コンサルタント 飯塚保人   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

"Health care"


人生でも、 自分の夢の実現でも 一番大切なものは 健康です。 リーダーで 一番大切なものは エネルギーを 発揮することです。 このパワーを 出すものは健康です。 心と身体は切り離す ことはできません。 身体の使い方で 心も変わります。 下を 向いていると暗くなり、 姿勢を正して上を向くと 明るくなります。 多くの人が こんな大切な 健康管理を おろそかにしています。     経営コンサルタント 飯塚保人   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

"Standardization"


熟練者のノウハウを わかりやすくまとめ、 誰にでも 活用できるように 共有化することで 仕事の効率も上がります。 また、 よく仕事のできる人の 行動・思考・習慣を 学ぶことで あなたも仕事ができる 人間になります。 その習慣が身に付いたら さらに改善をし、 自分自身のノウハウに することです。 標準化できたら改善をし、 仕事を進化させましょう。     経営コンサルタント 飯塚保人   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

"Can not"


「できない」を 禁句にすることです。 弱い企業は会社中に 「できない」という 言葉が充満しています。 「できない」と 言ってしまえば その時点で総ての 思考・行動も 終わりになります。 「できる」と思うことが 総ての始まりです。 勿論、前提条件の 変更も考慮する 必要があります。 絶対積極で「できる」を 身に付けましょう。 仕事の成果・自信も ついてきます。     経営コンサルタント 飯塚保人   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

"I 'm'


会社指導で アドバイスすると、 それはやっていますという 答えが返ってくる。 我々プロから見ると 到底実践しているとは 思えないレベルである。 伸びる企業・伸びる個人は 決断したことを 徹底的に実践しています。 企業でいえば企業文化まで、 個人では習慣にならなければ やったことになりません。 凡事徹底です。     経営コンサルタント 飯塚保人   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

"Hero"


それぞれが主人公です。 私達それぞれが、 自分が何者にも 変えられない主人公です。 私たちは、 表層の自分の さまざまな思惑や こだわりを持っています。 宇宙の中での かけがえのない 主人公であることを 忘れています。 経営者が主人公で、 働いている人が脇役… ではありません。 私たちはそれぞれの命が 現物限り在庫なしです。 この現物の主人公を、 もっともっと 生かしましょう。     経営コンサルタント 飯塚保人   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

'Know'


よく講演などで お話しすると、 知っていますと 言う人が多い。 実践していないことは 知らないことです。 まず知らないと言う 謙虚な態度が大切です。 目標設定の大切さを 知っていても、 自分の手帳に目標を 書いている人はゼロに等しい。 早起きも同様、 早起きしない人は 永遠に早起きの良さは 知らないのです。 これからは 実践していることのみを 知っていると言いましょう。     経営コンサルタント 飯塚保人   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

"Chore"


仕事には 任務(なさねばならないこと) 実務(実際の仕事) 雑務(補助行為) があります。 雑務の時間を なるべく少なく することです。 役職・職種によって 任務・実務・雑務が 変わってきます。 雑務で「朝の30分は 書類に目を通したり、 メールに返事を書いたりする 時間として確保し、 それ以降は夕方まで 緊急以外の書類やメールには 目を通さない」と 決めることも大切です。 成長する人は、 時間を有効に使うために 工夫している人です。     経営コンサルタント 飯塚保人   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

"Do the things you can do right now,"


経営でも仕事でも、 難しく考える必要は ありません。 まず複雑なことを簡単に、 簡単なことを 楽しくやることです。 物事を簡単にしなければ 行動ができません。 毎日の仕事では、 To Do Listを書いて、 それを今日できる量に 細分化して やり終いすることです。 ポイントは、 仕事の量を小さく分けて 完了できるように することです。     経営コンサルタント 飯塚保人   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all