To learn the Zen thinking business opportunity
Zen and Zen on bridge management in 21st century

2018February this year

"The amount of work'


成長する人は仕事を たくさんすることを喜ぶ人で、 成長しない人は仕事が増える ことを嫌がる人です。 仕事の量が質を生みます。 時間とは 量的には平等で 質的には不平等 です。 朝5時に起床し、 一所懸命仕事をしていると いつの間にか仕事の質が 上がってきます。 ノウハウとは計画的体験なので、 さらに質も向上します。     経営コンサルタント 飯塚保人   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

"Organize"


整理とは 「いる物」と「いらない物」に分け、 「いらない物」を捨てることです。 総てのモノとコトに整理が必要です。 書類、机の引き出しの中、書籍、 名簿、パソコンのデータ、 顧客の整理、衣類、下駄箱の中、 食器、まだまだ色々あります。 整理していくと 身の周りが清められ、 頭も良く働き、 だんだん運が良くなります。 さあ今日も、気が付いた所から 整理しましょう。 必ず運が良くなってきます。     経営コンサルタント 飯塚保人   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

"Press the AC button'


一週間に一度はオールクリアーボタンを押して自分の行動を見直しましょう。 同じことを繰り返しても人は成長しません。 人は時間に流されやすいものです。 一週間の時間の流れが速く感じたなら、マンネリになっている証拠です。 今週の行動で良かった点、改善すべき点を明確にすることです。 同じことは繰り返さないようにしましょう。     経営コンサルタント 飯塚保人   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

"Extending 3 element (3 energy)"


生きているということは行動していることです。 頭でっかちで行動渋滞を起こさないことです。 行動の起爆剤は感性です。 好奇心、向上心を、生きている限り持ち続けて下さい。 自分の成長の限界を自分で決めず、もっともっとと思い続けることです。     経営コンサルタント 飯塚保人   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

"Extending 3 element (2 brightness)"


明るい人には、人もモノも金も集まります。 明るさとは常に絶対積極でいることです。 事実や環境は私たちに影響を与えません。 影響を与えるのは、「その事実・環境をどう受け止めるか」ということです。 プラス発想の人は物事を前向きに捉え、課題を解決していきます。 リーダーは明るさが最も必要です。     経営コンサルタント 飯塚保人   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

"Extending 3 element (obedience 1.)"


素直さ、明るさ、行動力は伸びる三要素です。 人間で一番必要なのは素直さです。 常に謙虚で素直でなければ成長しません。 人は、思い、行動することで習慣が変わります。 思いが具体的行動になって初めて結果が出ます。 それが繰り返しになることで習慣になります。 自分の我の強い人は周りが見えなくなります。 勉強して気づいたことは、素直に即実行・行動しましょう。     経営コンサルタント 飯塚保人   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

『ダム経営』


故松下幸之助氏のダム経営は、経営の核心をついた素晴らしい考え方です。 勝ち続ける経営のポイントは、以下の蓄積をすることです。 「価値の蓄積」 「夢の蓄積」 「信用の蓄積」 「奉仕の蓄積」 「人材の蓄積」 「取引先の蓄積」 「資本の蓄積」 一つずつコツコツと自社のダムを創っていきましょう。 やがて勝ち続ける企業体制になります。     経営コンサルタント 飯塚保人   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

"Challenge"


多くの人は、自分で限界を決め、小さな枠の中に留まってしまいます。 それは、「今は便利」であるが、「将来は不便」な結果になります。 高い目標、一見無理な目標にチャレンジしましょう。 人間の能力は無限です。 挑戦し、行動しているうちにどんどん力がつきます。 自分の限界は自分で広げることです。 さあ、新しい自分に一歩前進しましょう。     経営コンサルタント 飯塚保人   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

"The image of bright future'


あるべき姿には「ありたい姿」「あって欲しい姿」「あらねばならぬ姿」があります。 可能性とは「未来の能力」です。 いまできないことでも将来はできるようになります。 大切なのは、いかにやるかという方法論ではなく、腹を決め、「あるべき姿」に意思と自信を創り込むことです。 何事も腹を決めてからスタートすることが必要です。     経営コンサルタント 飯塚保人   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all
12