To learn the Zen thinking business opportunity
Zen and Zen on bridge management in 21st century

2017Years

『情報』


営業活動のスタートは情報を集めることです。 営業マンは、顧客の情報を集めることが大切です。 頭からITに頼ることなく、こまめに足を運び、顧客に向かって視界を広げて、あらゆる情報を集めてくるのです。 その集めた情報の中から更に一歩進んで、顧客の問題を解決することです。 小さなこともきちんとやることで顧客と心の契約ができます。     経営コンサルタント 飯塚保人       Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

『明るい姿を描く』


現在病気で悩んでいる人は、現在の病なんか飛び越して、晴れやかで明るく本当に病気が治った姿を自分の心に描くことです。 人間には現在に満足しないという性質が心の中にあります。 淋しいときに「淋しい」と言ったら、よけいに淋しくなります。 思うようにいかないとき、まずその解決手段を考えるのでなく、失望、落胆している気持ちを変えることです。 経営コンサルタント 飯塚保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

?"Invisible costs"


私たちは“原価”というと「目に見える物」だけを思い浮かべてしまいます。 しかし、仕事の質や時間という形のない物に対する原価意識は忘れられがちです。   仕事をもっとスピーディに、精確に、ミスや無駄を無くすことは、仕入れ原価以上にコストを下げることになります。 創意工夫して目に見えない原価を下げ、利益を生み出し、次の投資原資を確保することで、未来に続く価値提案が可能になるのです。 結果、お客様から支持され続ける企業となり、社会貢献に寄与できる…という善循環サイクルまで自社を高めていきましょう。 日々改善が当たり前にできる企業文化になれば、誰にも負けない会社のノウハウを持つことになります。 勝ち続ける経営とは、納期・品質・コストを如何に創造するかです。 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

? "Not only the sales..."


?対前年売上高比率のみを気にし、大騒ぎする社長がいる。 確かに売上数字は厳然たる事実を表している重要な指標です。 しかし会社の過去・現在・未来を表す本当の姿は数字だけではありません。 「人が育っているか」 「差別化が出ているか」 「優位特性は発揮できているか」 「経営課題は推進されているか」 「未来への投資をしているか」 目の前の数値だけでなく、これらの数字に表れない部分、中長期的な視点も大切にしましょう。 瞬間的に勝つ経営ではなく、勝ち続ける経営を追求しましょう。 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

? Power of understanding the status quo '


?売上の変動はどのような要因によるものなのか。 季節要因もあれば、先方の売上不振、あるいは、同業他社・後発の競合が入り込んでいるのかもしれません。 また、逆に自社のシェアを伸ばす余地はあるだろうか?別の商品、製品を買っていただくことは可能か?を思考すること。 まず精確な現状把握をし、戦略構築することが重要です。 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

? "Things too much time"


? お客様が市場の主導権をにぎっています。 従来のような会社側の視点で考える、お客様満足はもう通用しません。 自社の、商品・サービス、その提供の仕方を、お客様の視点・観点・測点で見直し、お客様が求めるもので、自社ができることで、他社が出来ないことをする事です。 成功のネタは常に現場にあります。 その宝を察知できる感性を研ぎ澄ますことです。 マーケットにどんどん足を運ぶ行動力がポイントです。 今日も世の中の風を感じ、ターゲットの気持ちの流れに寄り添っていきましょう。 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

? "And now living here and working hard '


? 過去は終わった。 過去に自分がしてきたことは変えようがない事実です。 功績も罪過も過去のこと。執着しないで手放す。 未来は幻。 地震が起こるかもしれないと不安に思っていてもしかたがありません。 起こるかもしれませんが、いまはまだ起こっていません。 起こっていない未来を必要以上に不安に思わない。 過去の決断と行動が今の結果となっています。 未来に向かって、いま・ここの決断と行動に集中することです。 いま・ここ、目の前のことを一所懸命にやる。 一瞬一瞬に命を燃やしていく。 二度とない人生だからいま輝いていく。 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

"Now what you should do' ~ arrangement ~


整理すると、必要なものが明確になります。 机の上やカバンの中が乱雑な人は、仕事も雑です。 整理することの第一の目的は、必要なものと不要なものを分けることです。 今は不要でもいずれ必要になるものは、別の場所に保管する。 こうして、机の上・かばんの中には、「今必要なもの」だけが、充実してそろっている状態を作り出すことです。 このように、今の仕事に必要なものだけが目の前に残る結果、「今何をすべきか」が、具体的に資料やものの形で見えるようになります。 整理するということは、仕事を明確化することです。 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

"Refinement"


20対80の法則という普遍の原則があります。 しかし知ってか知らずか、売上至上主義に偏ってしまい、仕事があれば何でもとびつく「ダボハゼ商法」になってしまう会社があります。 また、資金繰りのために、採算を度外視して目の前の売上を上げることを優先している会社もあります。 商品でも顧客でも売上の多い順に並べると、上位20%で売上の80%を占めています。 常に重点管理。上位20%に絞り込み、徹底的に「顧客満足」を提供することです。 一時的には減収になりますが、次第に増益に転じ、利益体質のサイクルに改善されます。 利益の源は「顧客満足」です。 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

"Acknowledge"


「世間並の給料は出しているのに、どうも社員にやる気が見られず、ちょっと叱ればすぐ辞めてしまう」と嘆いておられる社長が多い。 アメとムチだけでは、人は一時的にしか動かない。 人間は「他人から認められたい、自分の可能性を試したい」といった人間の基本的欲求があります。 それを満たすことです。 いかに各人の未来の幸せのために真剣に向き合い、本気で本人の優位特性を見出して、その可能性を引き出していますか? 夢を描ける会社であり続ければ、人はそんな簡単には去ってはいきません。 日頃のコミュニケーションを大切なものと認識し、信頼関係を創り上げていきましょう。 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all